沿革

 大正 7年 初代大沢亀之助が現在の目黒区大橋一丁目に於いて米穀店を開業。当時は目黒川の水利による水車精米の時代。
 大正15年 現在の目黒区東山3-3-8に新築移転。電動式機械(清水式精米機)による精米に進歩改良する。 社長に二代目大沢三記就任。
 昭和10年 営業の拡張に伴い合名会社大沢商店として改組。
 昭和16年 大東亜戦争の進展と共に業界も企業整備により廃業し、機械設備を食糧営団に賃貸してその傘下に入り、政府配給米の専属精米工場となる。
 昭和26年 米穀の配給及び精米の個人営業を許可され、大沢商店(個人商店)として米穀の配給、小麦粉の卸売業として再出発する。
 昭和27年 資本金100万円を以って株式会社大沢商店と改組。
 昭和45年 精米工場及び倉庫の増設のため大沢ビル新築工事に着手。
 昭和46年 大沢ビル竣工。
 昭和48年 東京和生菓子商工業協同組合の指定委託精米工場となる(東京都内には自社含め2社のみ)。
 平成 9年 代表取締役に三代目大沢世始就任。
 平成15年 資本金1,000万円とする。
 平成18年 自社搗精した生新粉を発売する。
 平成19年 大沢ビル改修工事に伴い、工場・倉庫・店舗等改築。
 平成25年 目黒区立小学校、中学校の精米納品業者となる。
 平成27年 有機農産物の小分け業者として有機JASの認証を取得。
創業当初の大沢商店と初代大沢亀之助(右から3人目)
2代目 大沢三記 (右から4人目)