目黒区立東山小学校

当店は目黒区立の小中学校(計30校)給食用米の納品業者でございます。
目黒区立の小中学校がお使いになるお米は当店の東山にある工場で精米したものをお届けしております。

今回は、東山小学校の学校栄養職員でいらっしゃいます長山先生にお話を伺って参りました。

東山小学校は目黒区内で最多となる児童数約900名の小学校です。
海外からの編入児童が多く、私が伺った際には、学校正面に「Welcome」の横断幕が飾り付けられておりました。
周囲は公園をはじめ、緑に囲まれた素敵な環境です。

学校給食で注力されているところを伺いました。

「学校給食にとって大切なことの一つには安全性が挙げられると思います。当校も様々な方法で安全性の確保に努めています。その一つが、仕入先の選定。生産者さんのお顔が見えるような農産物や、地産地消の観点等からも仕入れを行っています。こういった取り組みは安全性の向上だけではなく、子供達の食に対する興味へと繋がり、正に体験型の食育へと繋がっています。例えば、
『この小松菜は東京都○○の○○さんが作ったもの。小松菜はどうやって育てられているかわかり、安心であったり、鮮度も良く、環境にも優しい。』
この様なストーリーを伝えることで、今まではあまり好きではなかった食べ物が食べられるようになった、もしくは「食物の大切さ」を再認識できた、といった子供達も見受けられます。
また、当校では加工食品をなるべく使用しないようにしています。ちょっと以前の話になりますがBSEの問題が起きたとき、材料のトレースをかけましたが加工食品のトレースに苦労しました。改めて原材料から調理することの大切さを感じました。例えば「出汁」であれば、鰹や昆布といった原材料から作っています。更に、原材料からの調理は添加物を要しませんので、より健康的な料理につながります。」

最後に、当店のお米について伺いました。
給食室で調理を担当なさっている方々からも「お米がきれい」「香りが良い」と好評を頂戴しているようです。
当店では原則、前日に精米したお米を納品させて頂いておりますので、その鮮度の高いお米が評価して頂けたのかと思います。
先生方にご安心頂き、生徒さんに喜んで頂けるよう、今後も精進して参ります。

 

東京すし和食調理学校

東京すし和食調理専門学校は、日本初の「すし・和食分野に特化した調理専門学校」です。

『和食を学ぶ専門カリキュラムの時間数は、一般の調理学校和食科に比べ2年間で約2.5倍。
また、その多くを座学ではなく調理実習に充てているのも特長。より実践的に、より深く、和食の技術・知識を修得します。』

日本国内のみならず、海外でも活躍中の料理人や専門家が講師陣であることも魅力のひとつ。

エントランスから見ることのできる”接客実技用カウンター”は凛とした美しさがあると同時に、もの凄い迫力を感じます。
座学も大切だとは思いますが、良いものを「体感」することができる環境は、学生さんにとって何よりではないでしょうか。

当店と致しましては、精米したてのお米を教材にして頂くことで、学生の皆様には米本来の風味、食味を感じて頂きたいと思っております。

また、将来に具体的な目標を持つ若者たちと、僅かながらでも携われることは大変光栄なことです。

 

 

 

東京すし和食調理専門学校

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2丁目30-14
TEL : 03-5431-5961
http://sushi-tokyo.jp/