御菓子処ちもと 様

目黒区八雲にある御菓子処ちもとさん。お店の名物は何と言っても竹の皮に包まれた「八雲もち」。求肥の中に黒糖と砕いたカシューナッツが練り込まれた和菓子で、一度食べたら忘れられない味。ファンの方も多いのではないでしょうか?

ちもとさんが大切にされている事は「素材を素直にいかすこと。素材を吟味して、その時に一番美味しい材料で手作りを怠らないこと。」
本物を追求するちもとさんに、これからも当店の餅米を選んでいただけるよう私共も努めて参ります。

今回は、春らしい上生菓子と始まったばかりの柏餅を頂きました。見た目も食べるのが勿体無いくらい綺麗で、春らしくて可愛いですよね。もちろんお味も大変美味しく、幸せな気持ちに包まれました。

お土産用にお願いすると竹の籠に詰め合わせて下さるのですが、その包装もまたおしゃれなんです。大切な方への贈り物や手土産として必ず喜ばれるので、ここぞという時には是非ご利用をおすすめ致します。

お店は都立大学駅から徒歩3分、目黒通り沿いにあります。お店の内装も雰囲気があり、ご主人のこだわりが感じられてかっこいいです。コロナウイルスの関係で、喫茶席は当面の間お休みとのことですが、再開されたら夏のかき氷もイチ押しですよ!食べに行けることを願っています。

御菓子処ちもと
HP:https://chimoto-yagumomochi.com/
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目4−6
03-3718-4643

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です